グラデーションで艶髪に

グラデーションで艶髪に

美容院でヘアカラーをする際に、最近よく聞くのがグラデーションという言葉ではないでしょうか。髪の色を明るくした際などには髪が伸びるとプリンになってしまって、染めるスパンが短くなってしまい生え際が気になってしょうがないという人もいますね。

 

 

 

こういった時にグラデーションを入れることによって、生え際の色の違いをぼかすことができ、自然な髪の色を楽しむことが出来るのです。また色のトーンを少しづつ変えることによって光の辺り具合などで表情を変えることが出来たり、顔周りだけハイライトを入れて顔色を良く見せる方法などもあります。ダメージが多い場合などには、明るくなりやすい毛先のトーンを落とすことが出来たりするのです。

 

 

 

グラデーションを入れる技術としてはやはりプロの美容師さんにお願いするのがベタでしょう。

 

 

 

セルフカラーでもいくつかのカラー剤を使えば出来ないことはないのですが、通常のカラーでも大変なのに薬剤を使い分けて、時間などを考慮するとなると、やはり難しいものとなります。またカラーの組み合わせに関しても、カラーコーディネーターのようなカラーに関する知識とセンスが必要になってくると言われており、美容師さんの中にはカラーリストとして、カラーコーディネーターの資格を取得し、カラーに特化した美容師さんも存在するので、そういった美容師さんがいる美容院を探して見るのも良いのではないでしょうか。

 

 

 

変えたいカラーによってはグラデーションが出来ない場合などもあるのですが、ヘアカラーを楽しむ一つの方法として美容院で相談してみてはいかがでしょうか。