クセ毛のお悩みは思春期から

クセ毛のお悩みは思春期から

クセ毛はさまざまな悩みと症状をもたらします。生まれたときからクセ毛の人もいれば、成長の過程でクセ毛になる人もいます。一般的なのは思春期に入るころからと中年後半期ころ。日本人で一番多いのは思春期に入る頃からクセ毛になり始めたという人です。

 

 

 

思春期に入ると髪の質が変化してきます。それはホルモンの影響だとされています。幼少期の細い髪ではなかなか気づけなかったクセが、太い成人の髪になったときに顕著になり始めるということがあります。

 

 

 

思春期になると皮脂量も一気に増え、毛穴が詰まりやすくなります。それに髪型にも気を使うようになり、整髪料などが落としきれず頭皮に残ることによって、毛穴をさらに詰まらせやすくしてしまいます。

 

 

 

先天的な理由でクセ毛になってしまうのは仕方がありませんが、頭皮のケア次第でクセでなくなる可能性もあると考えると、頭皮ケアがどれだけ大切かということに気づかされます。思春期からは頭皮ケアにしっかり重点をおきたいものです。

 

渋谷 美容室